いろんな過払い請求のケース

一件の金融機関から一度だけ借り入れをしたというのではなく、一度借りて完済してからまた更に多くの融資を受けるという人もいるみたいですね。

この様に過払い請求においては一度だけ借りて返済するというシンプルなケースだけではなくて、いろんなケースが考えられます。

あまり時間が経ってしまうと記憶があいまいになってしまったりする事も考えられます。

将来的に過払い請求を行う可能性があるというのであれば、取引履歴など重要だと思われる書類は処分する事なくきちんと取っておきたいですね。

取引履歴は後で郵送してもらう事もできますが、何年も過ぎて金融機関の名前まで正確に分からなくなってしまうと厳しい様です。

夫婦の債務整理の方法と過払い金の返還請求

夫婦の借金をスムーズに返済するためには、高度なテクニックが必要となりますが、早期に過払い金の返還を請求することがとてもおすすめです。最近では、債務整理をめぐるトラブルの事例について、大手のメディアで度々特集が組まれることが増えてきており、いざという時に備えて、プロのスタッフから有意義な助言を受けることが大事です。

過払い金の返済を希望するためには、長い時間が必要となることがあるため、同じような立場の人のレビューを参考にすることによって、忙しい人であっても、冷静に判断をすることが可能となります。

宝くじに期待するより債務整理で過払い金請求を

返済に向けて、少なからず宝くじを購入する人も少なくありません。しかし、当選確率の低いお金に期待するよりも、債務整理を行うことで確実に手元に返ってくるお金があります。

貸金期間に対して過払い金請求を行うと、司法書士あるいは弁護士との交渉により、和解金として、過払いの返済分が借主に返還される場合があります。

裁判所へ訴訟を申し立てるにあたり、司法書士の場合は140万円までの簡易裁判所で争うことになります。弁護士の場合はすべての裁判所に対して、代理で訴訟を依頼することができます。返済額に応じて、依頼先を検討しましょう。また、いずれに依頼するにしても初回の相談料は無料で行われています。

多重債務でも過払い請求をすることができるか

過払い請求は、カード会社や消費者金融からお金を借りたとき、利息制限法の金利よりも高い金利を支払っていた場合、利息制限法を超えて支払った部分をカード会社や消費者金融に返還請求できるものです。

過払い請求は、多重債務の場合でも認めることができます。ただし、すべての債務に対して過払い金請求が発生していた場合は、すべての債務の過払い金を請求した方が混乱せずに済むでしょう。

もし、完済していない段階で過払い金請求をした場合は、債務整理の手続きを経ないといけません。債務整理の手続きをすると、債務整理が終わってから5年間はお金を借りることができませんので注意が必要になります。

多重債務の方の過払い請求

複数の会社から借入を行っている多重債務の方の場合、長く借金返済を行ってきたことによって利息などの金額を多く支払い過ぎてしまっているケースも見受けられることがあります。借入先である金融会社へ過払い請求を行う事によって、過払い金が手元に戻って来る他、金額によっては借金そのものに対しての問題解決へと繋げられることもあります。

弁護士や司法書士などへ相談することによって、個人で手続きを行うよりもスムーズな解決を目指すことができます。無料での相談が受け付けられている機関も多く、最初に掛かる費用を気にすることなく利用できます。

弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、神戸、京都

大阪事務所
〒530-8501 大阪市北区梅田3丁目1番3号 ノースゲートビル オフィスタワー14階
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/

京都事務所
〒600-8216 京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1 京阪京都ビル4階
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 井門三宮ビル10階
TEL:078-242-3041

過払いの関連記事

過払い請求についての情報。

マイカーローン、債務整理、過払い請求、自己破産などの借金問題相談についての情報。

マイカーローン、債務整理、過払い請求、自己破産などの借金問題の内容以外の問い合わせはこちら