債務整理で免除される借金の金額

債務整理には、任意整理、個人再生、自己破産などの種類がありますが、免除される借金の金額に違いがあります。任意整理では減額されるのは利息と遅延損害金だけであり、個人再生では元本も大幅に減額されます。

自己破産では、すべての借金の返済義務がなくなります。ただし、連帯保証人の義務までは免除されないことには注意が必要です。

連帯保証人がついている場合には、債務整理をする前によく考えましょう。保証人となってくれている人に前もって連絡することも重要です。まずは弁護士に相談をして、メリットとデメリットをよく理解したうえで、債務整理をしましょう。

債務整理するとクレジットカードを利用できなくなるのか

債務整理をすると、整理の対象にクレジットカードが含まれていればそのカードは即座に解約となり、使えなくなります。

対象外になったカードはしばらくは使えますが、気付かれたタイミングで解約になります。債務整理をすると個人信用情報機関に記録が残り、金融業者が把握できるようになります。これは分割払いやキャッシングの際に参照されるので、一括払いだけであれば使い続けられます。しかし、数か月ごとにチェックを行うカード会社であればそのときに気付かれます。また、カードの更新の際もチェックされるので、更新できなくなります。

新規にクレジットカードを作成する際も個人信用情報機関の記録が参照されるので、記録が保持されている5年間は審査に落ちてしまいます。ただし、債務整理後もすぐに作成できるデビットカードで代用できるケースも多いので、大きなデメリットにはなりません。

債務整理は安心してできます

借金相談をすると、提案されるのが債務整理です。
あまり知られていませんが、法的に認められた安心してできる制度になります。

返済が困難になったり、借金が元で生活ができないなどの状況になったときには債務整理ができます。法律事務所などでは、無料で相談を受け付けています。まずは、自分の借金の状況を全て隠すことなく弁護士や司法書士に話しましょう。その後に、本人に合わせた債務整理を紹介して説明をしてくれます。

お金がないと相談ができないと心配する人がたくさんいます。しかし、初回は無料になり費用も分割払いで支払いができます。債務整理の依頼をすると、一時的に返済が休止します。その間に費用を払うことができます。

任意整理、債務整理で多重債務にも変化を

いくつもの金融業者から借金をしている多重債務の状態にある場合、借金問題に関する対策をすぐ立てる事は難しいケースも多く見受けられます。借入先である金融会社との直接的な交渉が行われる任意整理は、債務整理の手段の中でも手軽な方法であり、多重に渡る債務者の場合には、借入先を減らすことが実現されたり、返済計画の見直しを図ることも可能になったりします。

弁護士や司法書士など、法律に詳しい泉温化への相談を行う事で、より速やかな対応が行えるようになるため、自分で手続きを進めるよりもスムーズな問題解決が見込めます。

債務整理で解決させる多重債務

複数の借入先から借金をしている多重債務の方にとって、全額を返済することが困難となってしまうケースは非常に多く、なかなか一人では問題解決しにくいものです。弁護士や司法書士など、借金に関する相談が可能な機関は多く存在しており、完全な返済が難しい場合においては、金融会社や裁判所へ掛け合って借金返済の見直しなどを図る債務整理の手続きが行われることもあります。

実際に必要となる書類の作成や準備、裁判所へ足を運ぶなど、面倒な手続き業務を一括して任せることも可能であり、より速やかな問題解決のためには欠かせません。

債務整理の関連記事

債務整理についての情報。

マイカーローン、債務整理、過払い請求、自己破産などの借金問題相談についての情報。

マイカーローン、債務整理、過払い請求、自己破産などの借金問題の内容以外の問い合わせはこちら