債務整理では消滅時効にご注意

債務整理を行うときに、消滅時効のことだけはよく理解しておく必要があります。サラ金やクレジットカードのキャッシングによって借りたお金は、通常5年で時効となります。

時効となった借金については、債務整理をするときに返済する必要はありません。しかし、時効により消滅した借金のうち、ごく一部であっても返済をしてしまうと、この恩恵が受けられなくなります。そのため、時効が過ぎた借金について督促をしてくる業者には、1円たりとも支払ってはいけないということを覚えておきましょう。もし、1円でも支払ってしまうと残りの借金も支払わなくてはならなくなるためです。

高金利の借金の負担を軽減させる債務整理

多額の借金があり、返済することが難しくなったという場合には、債務整理を行なうことにより返済負担の軽減となる事があります。

特に、消費者金融などの高い金利が設定されているところからお金を借りているという場合には、債務整理手続きをすることで、返済額を大幅に減らすことが出来ると期待することが出来ます。

なお、債務整理を行なうという場合には、方法によっては個人で行うことが出来る場合もありますが、時間と手間を考えた場合には、個人で行うというよりも、費用はかかっても、弁護士や司法書士に依頼するという方法が一般的と言えるでしょう。

債務整理は官報に掲載されることがある

債務整理は方法によっては官報に掲載されることがあります。

特定調停と任意整理であれば掲載されずに済みますが、個人再生と自己破産の場合は掲載されます。これは過去の情報まで閲覧する場合は有料になりますが、資格は必要ないため一般人でも閲覧はできます。

しかし、情報量が多く、一般の人が閲覧するものではないので、周囲に債務整理したことを知られる心配はありません。ただし、債務整理によってローンの利用が困難になった人を狙っている闇金融業者などは官報から情報を得てダイレクトメールの送付に利用するので、うまい話に騙されないようにしなければなりません。

多重債務における任意整理、債務整理の方法

多重債務の方が借金問題を解決させようとする場合、長期的な返済が困難なケースも多く、完全な借金の返済が見込めないこともあります。弁護士や司法書士などへの相談を通じて、債務整理についての手続きが行われることもあり、借入先との直接交渉のみで対処される任意整理については、裁判所への手続きも必要がなく、手軽に着手できる内容として活用されています。

個人的に交渉を進めることも不可能ではないものの、法律専門家に頼ることで、交渉相手でもある金融業者からもスムーズな対応が見込むことが可能となり、より速やかな解決が目指せます。

多重債務の場合の債務整理方法

多重債務に陥る人が多くなっており、雑誌や新聞、インターネットなどでさまざまなニュースになっています。消費者金融会社などからのキャッシングの場合、総量規制という規制によって、融資希望者の年収の3分の1以上のローンを出してはいけないことになっています。

一方、貸金業法の規制を受けない銀行のカードローンでは、総量規制の対象になっていないため、年収の3分の1以上のローンを実行している可能性があります。それによって多重債務に陥る人が出ています。そんな場合、自己破産以外にもいろいろな債務整理方法があり、任意整理などの手法が存在しています。

多重債務者の理由を問わない任意整理、債務整理

多重債務者を救済する債務整理の中で、ギャンブルであろうと何であろうと借金の理由を問わずに進められる方法が任意整理と民事再生いわれています。一般に自己破産は借金の理由に制限があるとされているため、認可をうけるためにスムーズに進むかは難しいところです。

任意整理は借金額を減らすことで、返済額を軽くし3年から5年をかけて支払い終えるものです。自宅や車といった財産を手放す必要もなく、仕事を制限されることが最も負担のない債務整理です。ですが途中で支払いが出来なくなった場合は、自己破産しか残っていません。そのため金銭感覚を麻痺させるようなギャンブルからは手をひくことです。

債務整理を大阪でするなら。

債務整理の関連記事

債務整理についての情報。

マイカーローン、債務整理、過払い請求、自己破産などの借金問題相談についての情報。

マイカーローン、債務整理、過払い請求、自己破産などの借金問題の内容以外の問い合わせはこちら