過払い請求ができない場合

借金やクレジットカードを利用していると、それがイコール過払い請求に結び付く分けではありません。過払い金が発生していない場合は請求することができませんね。

過払い金というのはグレーゾーンに含まれる利子の事で、法律で決まられているよりも知らない間に多くの利子を支払っている場合にのみ過払い請求を行う事ができます。

本人は利子だから仕方がないという事で、認識していない場合が多いかと思います。

この件については少し専門的な話になりますが、過払い請求を行う予定があるのであれば、ぜひ自分でも理解しておく様にしたいですね。

少しでも知っていると弁護士や司法書士に法律相談をした時、スムーズに進められる事でしょう。

過払い請求や債務整理をしても抵当権を実行されない?

過払い請求は、利息制限法で定められている上限金利を超えて利息を支払った場合に、その払いすぎた利息を返還してもらうだけの手続きなので、なんらデメリットはありません。

しかし、過払い金をひきなおし計算しても、借金が残ってしまった場合には、任意整理をすることになるので、デメリットもあります。

抵当権がついている借金は任意整理の対象としなければすむことなので、影響しないことも多いです。

債務整理のうち、個人再生や自己破産を選んでしまうと、抵当権が実行されて、土地や家などが没収されてしまうことになります。まずは弁護士に相談をして、詳しい話を聞いてみましょう。

過払い金や債務整理の重要性と倒産のリスク

会社の倒産のリスクに対応をするためには、様々なテクニックが必要となりますが、事前にプロのスタッフがそろっている法律事務所のパンフレットやカタログなどを参考にすることが良いでしょう。また、債務整理の問題に関しては、素人が速やかに判断をすることが難しいとされ、弁護士や司法書士などの実績の良しあしを比較することが望ましいといえます。

もしも、過払い金の返還のポイントについて知りたいことがあれば、顧客対応の良い法律事務所のスタッフと打ち合わせをすることがコツです。その他、実際に過払い金のトラブルを解決した人から話を聞くことが大事です。

多重債務は過払い請求で解消

借金の支払いが滞ることで、新たに借金をつくる多重債務者が後を絶ちません。残念ですがこれでは借金を増やすだけになってしまいます。このような場合は、借金の相談ができる窓口を利用するべきです。

これまでつくってしまった借金すべての対処法をアドバイスしてくれます。借金を減らすことで返済が可能になる場合は、今まで払いすぎていた利息分がないかも調べてくれます。

あれば、過払い請求をおこなって返金してもらい借金にあてることが可能になります。これで完済もできるかもしれません。本来払う必要のないお金ですからまずは取り戻すことが肝心です。この請求は弁護士や司法書士がおこないますから、心配いりません。

過払い請求は多重債務者におすすめ

過払い金請求については、さまざまな媒体で宣伝されていましたので、多くの人が知っている方法でしょう。少し前までは過払い金請求のブームがあり、弁護士事務所などに多くの相談が寄せられていました。

請求には期限が設けられていて、最後の取引から10年とされていますので、そのような機関を利用する事は正しい判断であることがあげられます。特に多重債務者は複数の貸金業者からの借り入れをおこなっていますので、多くの借金を返済していかなければなりません。そのような際に請求したお金が戻ってきて、大分楽になることもあるでしょう。

弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、神戸、京都

大阪事務所
〒530-8501 大阪市北区梅田3丁目1番3号 ノースゲートビル オフィスタワー14階
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/

京都事務所
〒600-8216 京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1 京阪京都ビル4階
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 井門三宮ビル10階
TEL:078-242-3041

過払いの関連記事

過払い請求についての情報。

マイカーローン、債務整理、過払い請求、自己破産などの借金問題相談についての情報。

マイカーローン、債務整理、過払い請求、自己破産などの借金問題の内容以外の問い合わせはこちら