過払い請求の費用

あなた自身で過払いを申し立てるのであれば、費用は一切かかりません。
では、弁護士や司法書士に依頼した場合はどうでしょうか?

一般的には、取り戻せた過払い金返還額に対し約20%が弁護士、司法書士への手数料となります。

それなら自分自身で申し立てた方が、良いのではないか?とお考えの方。法律に詳しく、金融業者のインチキをすべて見破り、正当な過払い金を受け取れるならば、ご自身で申し立てる方が、間違いなく良いです。

ですが、金融業者もプロですので、多くの場合は過払い金を減額するような何かしらの策を使ってくるでしょう。結果的に、弁護士や司法書士に依頼した分の費用を差し引いた額より少ない額しか返ってこないことはよくあります。

面倒な手間を省けますし、何より安心できますので、本当に自信のある方以外は出来るだけ弁護士や司法書士に依頼する方が良いといえます。

過払いや債務整理の仕事を依頼するときの着手金

弁護士に仕事を依頼するときには着手金が必要ですし、成功報酬を支払わなくてはなりません。過払いや債務整理をする場合も基本的にはそうです。ただ、弁護士によっては、特別の配慮をしてくれる場合があります。

過払いの場合は、一定の額の返還が見込まれる場合は、そこから成功報酬の形で支払いをするだけでよいとしてくれることがあります。

債務整理の場合は、お金が返ってくるわけではないため、そういった配慮をしてもらうことはできませんが、着手金や成功報酬を分割払いで支払うことに応じてくれることがあります。弁護士によって扱いが異なるため、詳細は問い合わせて確認してください。

過払いと債務整理で借金を相殺しよう

過払いと債務整理を活用すれば、借金を相殺して減らすことが可能です。

最初は過払い金の発生に気づかない方も、弁護士に債務整理の相談をしたときに発覚するケースは多いのです。お金が返還されるとわかれば、誰でも手続きを行うことでしょう。

過払いに関しては債権者がその話を持ち出してくることはありません。黙っていても返してはくれないので、弁護士に相談をして回収していく必要があります。最終契約から10年未満であれば回収できるので、早期の回収手続きにより全額を返してもらいましょう。それにより数百万円の借金が全額相殺されたという方もいるのです。

司法書士には気軽に借金相談、過払い

借金があっても、今後こつこつと返済していけそうなら、そうするのがベストです。借金そのものの返済だけでなく、金利の返済も難しくなってきたら、債務整理の方法を考える必要があります。

様々な方法があるので、まずは現状を伝えた上で、司法書士に相談です。無料の借金相談を受け付ける事務所もあります。借金が返済できそうであれば、過払い金請求につながるかもしれません。

請求額が140万円以上になるのであれば、弁護士に依頼することになります。というのは、裁判所に代理人として出廷できるのが、弁護士だけと決められていることもあるからです。

過払い請求による多重債務からの脱出

過払い金という単語をご存知でしょうか。法律で定められた上限を超えて借金の利息を支払った際の、払い過ぎた金額のことを過払い金といいます。借金の利率は法律によって上限が定められており、この上限を超えた請求は法的に無効なのですが、無効というだけで罰則の対象にはなりません。

これを利用して高金利を設定する消費者金融やクレジット会社が多く存在しています。多重債務で苦しんでいる方などは、特に多額の過払い金を抱えている可能性が高いです。法律事務所に相談すれば、過払い金の有無の調査、金融業者から返金してもらうための過払い請求を依頼することができます。

弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、神戸、京都

大阪事務所
〒530-8501 大阪市北区梅田3丁目1番3号 ノースゲートビル オフィスタワー14階
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/

京都事務所
〒600-8216 京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1 京阪京都ビル4階
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 井門三宮ビル10階
TEL:078-242-3041

過払いの関連記事

過払い請求についての情報。

マイカーローン、債務整理、過払い請求、自己破産などの借金問題相談についての情報。

マイカーローン、債務整理、過払い請求、自己破産などの借金問題の内容以外の問い合わせはこちら